×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

偏光オーバーグラス・サングラスとは?

眼鏡を掛けた上から偏光オーバーサングラスを。ドライブ、魚釣り、日差しの強い時など偏光オーバーサングラスを掛けることが多い。特に眼鏡を掛けている方には当然、視力に合わせた眼鏡を掛けているわけですが 眼鏡を掛けたまま、偏光オーバーサングラスを使える商品を紹介。今まではどちらかと言えば眼鏡にクリップで付ける偏光サングラスが主流でしたが眼鏡の横からの光も押さえてくれて、少々大きめの眼鏡も入ってしまうくらいのサイズですので問題無いです。ここで偏光レンズと普通の違いは?と言うことで・・・・レンズの間にフィルターを挟んだレンズですが、良い所は色々な方向から飛んでくる光をフィルターでまとめることによりにじみや眩しさを抑えられる。この様な作用によって、運転で言えばボディー、ガラスの反射、西日がまぶしいくて目が痛いなど経験は無いでしょうか路面の反射が非常に少なくなり、下方向からの眩しさが少なくなりますし対向車のフロントガラスの反射も無くなる為、ドライバーが良く見えます。雪道ではどうでしょう?普通では雪が反射して雪とタイヤの境などは分かりにくいのですが偏光を通すことによりハッキリと見ることが出来ます。当然、スキーなど冬のレジャーにも対応できることがお分かりと思います。 また、魚釣りで水の中がキレイに見える。当然水面上のギラギラも解消。意外に雨が降っている時なども偏光サングラスは活躍します。私も色々な偏光サングラスを掛けて来たのですが、あまり違和感も無く自転車や上記のレジャーなどにも使用しています。もちろん、紫外線も防ぐ事も出来ます。

PNP偏光オーバーサングラス はこちら>>

アフィリエイト収入